クラウド時代を見据えた最先端セキュリティ技術を提供

ヒューマンセントリックな全く新しいアプローチをクラウドで実現

Forcepointとは?

Forcepointは、クラウド時代を見据えた最先端技術を網羅するリーディングカンパニーです。

Forcepointは、2016年、Webセキュリティ、メールセキュリティ、DLPの3分野でソリューションを展開していたWebsenseとミサイル防衛システム「パトリオット」などを製造する軍事企業「Raytheon」のサイバーディフェンス部門である「Raytheon Cyber Products」、そして、StoneSoftとして知られるIntel Securityのファイアウォール事業を統合して設立された全方位セキュリティ企業です。その後、2017年にはクラウドセキュリティの先駆者であるSkyfenceおよびセキュリティに対する人中心のアプローチを実践するRedOwlを統合しました。

forcepoint

 

人中心のアプローチ

The Human Point
Forcepointの大きな特徴は、ゼロトラストセキュリティにあります。脅威中心のアプローチから人中心のセキュリティへと移行することで、セキュリティにおける2つの根本要素である人とデータ(Human Point)の動きに焦点を絞り込みます。これにより行動のリスクをランキング化して行動をブロックしたり、社外に機密文書をアップする際のブロックなどを行います。Forcepointは、従業員がデータとやりとりする全ての方法を知っているのです。

SaaS型Webセキュリティクラウド

ForcepointのWebセキュリティクラウドは、クラウドのメリットである定期メンテナンスやバージョンアップが不要です。エンドポイントソフトウェアも自動でバージョンアップできるため管理工数の削減が魅力です。また、クラウドだから外に持ち出したPCなども社内と同じセキュリティポリシーを適用できたり、モバイルや社外端末の保護にも有効です。

 

Forcepointの特長

ゼロトラストセキュリティ

ゼロトラストセキュリティ

攻撃者が内部侵入してくることを前提とした包括的な対策を提供

Human Point

Human Point

入口/出口対策ではなく内部不正を監視する全く新しいアプローチ

SaaS型Webセキュリティクラウド

SaaS型Webセキュリティクラウド

クラウドの利点である運用管理の最小化に加えて、社外にいても情報を保護可能

Forcepoint Web Security Cloud

WebプロキシとWebセキュリティ機能をクラウドで提供

Forcepoint Web Security Cloudは、従来オンプレミスのWebプロキシとURLフィルタリング、アンチウイルス、Webレビュテーション、サンドボックスなどの組み合わせで実現していたWebセキュリティを、包括的なクラウドサービスとして提供します。

また、次世代型マルウェア対策エンジン ACE(Advanced Classification Engine)を搭載しています。ACEは、 8つの要素による統合的なスコアリングで脅威レベルを判断する高精度分類エンジンであり、従来型の防御策では防ぐことができなかった標的型や多層型の攻撃にも対応します。

Forcepoint CASB

クラウドサービス利用企業のセキュリティ強化

企業におけるクラウド活用が当たり前の時代には、セキュリティ確保にも新たな手法が必要です。このニーズに対応するために登場したのが「Forcepoint CASB(Cloud Access Security Broker:キャスビー)」です。

企業は、Forcepoint CASBを導入すれば、従業員が利用しているクラウドアプリケーションを特定したり、アプリケーションやユーザー、セキュリティ構成のコンテキストリスクの評価をしたり、自動化されたクラウド脅威の防止やポリシー実施によりクラウド活用から企業情報を保護できます。

NVCが提供するForcepointサービス

NVCはForcepointにおけるさまざまなサービスを提供しております。詳細は弊社までお問い合わせください。

icon-construction

導入/構築

保守

保守

Forcepointを始めませんか?