世界が認めた、最先端リスクアダプティブな
SASEソリューション

ユーザーとデータのリスクをプロアクティブに検出し、企業の情報資産を保護

Forcepointを始めませんか?

増えるクラウド利用
以下のことにお悩みではないですか?

増えるクラウド利用 以下のことにお悩みではないですか?

Microsoft365やG Stuiteなどを業務で利用している環境で、社内でもリモートワークでも、BYODでも安全なアクセスを実現したい。

増えるクラウド利用 以下のことにお悩みではないですか?

社内で利用されているクラウドアプリケーションを把握する必要があるが、できていない。

増えるクラウド利用 以下のことにお悩みではないですか?

外部からの攻撃も防ぎ、同時に、内部不正が行われないよう情報資産を保護したい。

"Microsoft 365を採用した、210のオフィス・10,000人の従業員のいる大手保険会社。OneDriveやSharePointに重要なデータを保存し、OutlookやSkypeを活用していましたが利用状況の把握や管理が課題でした。Forcepoint CASBの導入により、Microsoft 365のどのデータに誰がアクセスしているかを容易に可視化、管理することができ、悪意のある人物のアクセスを防ぐことができるようになりました。更にMalware Detection機能によりマルウェア感染に対するユーザーの保護と情報漏洩への対策も実現しました。"


"オンラインバンキングと支店の顧客100万ユーザ以上にサービスを提供しているイギリスの大手銀行。不正ユーザーが顧客のアカウントにログインし、口座を悪用されるなどの被害を受けていました。セキュリティ強化を目的とするアプリケーションの改修には何か月も掛かるところを、Forcepoint CASBを約3週間で導入し、わずか4か月間で100%の投資回収を得られました。"


それを解決してくれるのが、SASEへの第一歩
Cloud Access Security Broker(CASB)です

Cloud Access Security Brokers (CASB) とは?

Cloud Access Security Brokers (CASB) とは?
~なぜ必要なのか、何ができるのか徹底解説~

企業、組織だけでなく個人でも当たり前のように利用されているクラウドサービス。非常に便利ですが、事業で利用する場合は十分なセキュリティ対策と利用状況の把握・管理が必要です。

本書では、クラウドサービスに対するセキュリティ強化ツールの一つであり、クラウドサービスの利用状況の把握と管理を行うCASBについてご紹介します。

Forcepointを始めませんか?

NVCが取り扱うCASB、Forcepoint CASBなら

柔軟なアクセス・アクティビティ制御

柔軟なアクセス・アクティビティ制御

個人用アカウントのログイン禁止だけでなく、きめ細やかなアクティビティ制御やBYODの活用も可能です。

クラウドアプリの利用状況把握

クラウドアプリの利用状況把握

Cloud Discover機能を利用して、シャドーIT可視化、クラウドアプリやユーザー、データ利用状況についてのリスク分析を行います。

クラウド防御のセキュリティ対策

クラウド防御のセキュリティ対策

特権ユーザーも含んだアカウントの保護や、外部シェア制限、データ損失防止(DLP)などの機能により、企業の情報資産を守ります。

Forcepoint CASBとは?

真のエンタープライズクラスのデータ損失防止(DLP)と安全なアクセスおよび高度な
脅威保護を組み合わせることでSASEをさらに進化させる、全世界で数千社が信頼するCASBソリューション。

クラウドアプリの各サービス、更にデータオブジェクト毎に、きめ細かくアクセス制御可能。

クラウドアプリの各サービス、更にデータオブジェクト毎に、きめ細かくアクセス制御可能。

API、フォワードプロキシ、リバースプロキシ、用途に応じていずれの構成を選択可能。

API、フォワードプロキシ、リバースプロキシ、用途に応じていずれの構成を選択可能。

Forcepoint社の他製品(DLP、Web Security 、UEBA、Insider Threat)とのコンバージトセキュリティ

Forcepoint社の他製品(DLP、Web Security 、UEBA、Insider Threat)とのコンバージトセキュリティ

Forcepoint CASBカタログ

Forcepoint CASBカタログ

守る べき 情 報 資 産はクラウドのあちこちに!
アクセス管理と制御をCASBで実現しませんか?

クラウドサービスが簡単に導入することできるようになり、個人や部署単位でのクラウドサービスの利用が増えています。その結果、会社としてクラウドサービスの利用状況を把握することができず、セキュリティリスクが増大しています。
企業として、クラウドサービスの利用状況を把握し、適切な管理を行うことが重要です。

製品についてのお問い合わせ