Acropolisハイパーバイザー

Nutanix Acropolis

Nutanix Acropolisは、KVMをベースにNutanixのソフトウェアに最適なチューニングを行ったNutanix独自の仮想化ハイパーバイザ、分散ストレージファブリック、アプリケーションモビリティファブリックを含む「データプレーン」です。Acropolisは、アプライアンスと一緒に出荷されますので、個別にハイパーバイザを選択、導入する必要がありません。

Nutanix Acropolis

  1. Distributed Storage Fabric (分散ストレージファブリック)
    Nutanixを導入すれば、仮想環境構築で大きな投資を必要とした従来のSANやNASソリューションが不要になります。高度な分散ソフトウェア・アーキテクチャで設計されていますので、Nutanixは、スナップショット、高可用性、ディザスタリカバリ、重複排除、イレ―ジャーコーディング (Erasure Coding) によるストレージの最適化など、VM(仮想マシン)セントリックな機能を装備するソフトウェア・デファインド・サービスを提供します。
  2. App Mobility Fabric (アプリケーションモビリティファブリック)
    VMをインテリジェントに配置、移行、変換するための機能、異なるハイパーバイザ間での高可用性や統合された障害対策を提供します。Acropolisは、仮想化された全てのアプリケーションをサポートし、コンテナとハイブリッド・ クラウドへのシームレスな移行を可能にします。
  3. Acropolis Hypervisor (仮想化ハイパーバイザ)
    Distributed Storage FabricがVMwareR ESXiやMicrosoftR Hyper-Vをはじめとする従来型のハイパーバイザを完全にサポートする一方で、Acropolisは、実績あるLinux KVMハイパーバイザをベースにしたネイティブなハイパーバイザも備えています。強化されたセキュリティ、大量のサーバを管理運用するためのリモート制御・設定管理ツールSaltStackに基づく障害からの自己回復機能、大企業向けの堅牢でスケーラブルなVM管理機能を備えたAcropolis Hypervisorは、低いTCO(総所有コスト)で全体的なユーザ・エクスペリエンスを改善します。

Nutanixを始めませんか?