ネットワーク可視化ソリューション

コンフィグレーションを読み取り、NATやACL、Firewallルールを反映させた正確なネットワーク構成図を表示

RedSealとは?

自社のネットワークについて、正確に把握できているでしょうか?
企業ネットワークは、機器の新規導入や日々の運用での設定変更作業などにより、管理者が把握している状態と異なる状態になっている可能性があります。初期構築時には安全であったネットワークも、もう安全ではない可能性があるのです。
RedSealは、コンフィグレーションを読み取り、NATやACL、Firewallルールを反映させた正確なネットワーク構成図を表示します。RedSealを使用することで、ネットワークを再び見える化することができるのです。

RedSeal 製品情報

近年、日々多くの脆弱性が発見され、その脆弱性を悪用した攻撃が急増しています。
一方で、多様なネットワーク機器と、組織の変更等により、ネットワーク設定は複雑になっているケースが多く見受けられます。
このような状況で、設定や更新管理のミスや矛盾が発生し、セキュリティの穴が空いてしまうことを避けられない場合があるのではないでしょうか。
しかし、ネットワークやセキュリティの管理者リソースには限りがあるため、優先順位をつけて対策を施していく必要があります。

RedSealソリューションは、ネットワーク機器の設定情報を基に、経路およびネットワーク全体を可視化し、設定にミスがないかを管理することを可能にします。
また、脆弱性診断情報と経路情報を組み合わせることで、ネットワーク構成におけるリスク管理が可能となり、課題であった各脆弱性対応への優先度付けを実施します。

最新情報

2016.11.01
  • RedSeal情報提供登録を開始
  • 製品機能を掲載
2016.08.04
メーカー版のカタログを掲載
2016.05.12
日本語動画へのリンクを追加

RedSealを始めませんか?