Mandiant 脅威インテリジェンス

Mandiant Advantage Threat Intelligence

「誰もが利用できる世界最高峰の脅威インテリジェンス」

「サイバーセキュリティ業界のリーダー、Mandiantとは」
Mandiantは最前線の専門知識で構築されたトップクラスのサイバー・セキュリティソリューション・プロバイダーです。その実力は、国家機関や世界を代表する企業の多くが、まず最初にサイバー・セキュリティについてMandiantに相談していることからも示すことができます。

侵害調査経験

侵害調査経験

17年+

最新の情報と
過去からの知見の蓄積

アナリストが展開している国

アナリストが展開している国

26か国

世界のトレンドを
くまなく把握

年間の侵害調査・攻撃対応

年間の侵害調査・攻撃対応

20万時間

未知の攻撃にも
独自対応

Forrester  Wave™による評価

Forrester Wave™による評価

Leader

Current Offeringと戦略カテゴリーの両⽅で最⾼得点

このように、Mandiantは革新的なテクノロジーと攻撃の最前線から得た専門知識をグローバルに活用し、世界レベルのコンサルティング、最先端のSoftware-as-a-Service(SaaS)ソリューション、マネージド・セキュリティ・サービスをはじめとする幅広いポートフォリオを提供しています。

「Mandiantの知見をお客様のサイバーセキュリティに活かす方法  Mandiant Advantage Threat Intelligence」

サイバーディフェンスにおいて脅威インテリジェンスが重要な役割をもつことはいうまでもありません。最新の脅威動向を具体的に知る、セキュリティ・コントロールで検知したイベントの内容を詳しく調べてビジネスへの影響・重要度を確認するためには、信頼できる脅威インテリジェンスを使うことが必要です。

Mandiantは、他の誰よりも攻撃者について情報を持ち、お客様はMandiantが知ったタイミングで情報を入手することになります。それは、攻撃者が標的としているお客様やその他の組織対して“今、まさに⾏おうとしている”ことを正確に理解することになるのです。

Mandiant Advantage Threat Intelligenceとしてお客様にご提供できる内容は

攻撃者の詳しいレポート

国別、業種別のレポート

Yara ルール

IOC

マルウェア情報

ブラウザ・プラグイン

脆弱性情報

ダークウェブ情報

API

Mandiant Advantage Threat Intelligenceは
どのように活⽤できるのか︖

実際のお客様で、下記の様に活用されています。

  • アナリストがIOC、マルウェア、MITRE ATT&CK Playbookの情報を活用してSOC運用の精度を高める
  • セキュリティ運用を始める際にインテリジェンスをどのように活用したら良いか などを学ぶ
  • 国別、業種・業態毎の脅威動向を基にお客様の将来のセキュリティの年度計画や戦略の策定
  • 攻撃者グループ・プロファイルの特徴、背景・動機、同様のキャンペーンが利用されているか、攻撃毎の関連性の確認などの調査

Mandiant Advantage Threat Intelligenceは どのように活⽤できるのか︖

意思決定へ活用

上層部

地政学的、業種・業態毎の脅威動向を把握して

  • セキュリティの年度計画に活用
  • 予算・リソースの承認及び、ストラテジーの策定につなげる

CSIRT

攻撃者の回避テクニックを調査し、予防的・能動的対応をどうするか?を考えて

  • 現実的な攻撃演習/シナリオの策定
  • ガバナンスの見直しに活用

SOC

攻撃者、マルウェア、脆弱性トラッキングに関する最新情報を活用して

  • 運用監視の精度向上に活用
  • 脆弱性レポートを基に自社アセットへのパッチ適用の優先順位付け にも活用

Mandiant Advantage Threat Intelligence サービスの価値

Mandiantのサービスは、アナリストが利用する脅威情報データベースだけでは無く、アナリストによる支援サービス、セキュリティ知見の豊富なメンバーによるトレーニングやコンサルティングサービス、業界特化型のレポート提供サービスなどを提供し、お客様のご要望に柔軟に・高度にお応えします。

Mandiant Advantage Threat Intelligence サービス の価値

FireEyeを始めませんか?